TOP > ウッド全日制コースインタビュー > ギター本科生徒さんインタビュー!

ギター本科生徒さんインタビュー!
ギター本科 生徒さんインタビュー
 
「短期間でガッチリ詰め込みたいので入学しました」
 
─ ウッド入る前は何をされてましたか?
大学の音楽サークルでギターを弾いていて、音楽にハマっていました。
 
─ ウッドに入学した理由は?
親戚のおじさんに「独学で何年もかかったことが学校で習ったら2・3日で分かったよ。」って言われて学校を探し始めました。
短期間でガッチリ詰め込みたいので。色々な学校を調べた結果、ウッドが第一候補になりました。そして体験レッスンを受けたら、その体験の時間だけでも自分の足りない箇所が分かり、こんな先生がいるならここで習いたいと思いました。あと、学費が他校に比べて安いところと、音楽に集中できる学校のスタイルが個人的にハマりました。
 
  ギター本科 生徒さんインタビュー
 
ギター本科 生徒さんインタビュー  
─ 入学してからのレッスンの感想は?
一番楽しみなのは個人レッスンです。二人の先生がついてくれるのですが、どちらも違う視点から教えてくれます。三村先生は完全に仕事としての視点から、多田先生は技術の底上げからと、両方合わせて一つのレッスンと考えています。
 
─ ウッドの雰囲気はどうですか?
のびのびしていて楽しいですね! みんな楽しそうに通っています。
 
 
─ 今の音楽活動は?
前はいくつかのバンドをやっていましたが、今は一つに絞り、目黒や新宿でライブをしています。
 
─ 目標にしているギタリストは?
ズバリ、三村先生です。本当に。
 
─ これから入学する後輩へメッセージを
自分で考えることも大切ですけど、まずは言われたことをしっかり理解することです。その後で自分の考えでアレンジしていくことだと思います。さらに音楽ジャンルに対してスキ・キライをなくすことですね。自分が好き嫌いが多いので…。ウッドの授業は絶対ためになるのでどんどん新しいことを吸収してください。
  ギター本科 生徒さんインタビュー
 
ギター本科 生徒さんインタビュー
ギター本科 生徒さんインタビュー
 
「ウッドって自分のやりたいことをやってもらえるところです」
 
─ ウッド入る前は何をされてましたか?
大学の法学部で、司法書士を目指して勉強をしていました。でもバイトと音楽のほうが忙しくてやめてしまいました。
 
─ ギター歴はどのくらいですか?
遅くて、高校3年からです。最初は有名なギタリストに習うために大阪まで行っていました。
 
  ギター本科 生徒さんインタビュー
 
ギター本科 生徒さんインタビュー  
─ ウッド以外に他の学校は探さなかったのですか?
関西の音楽専門学校のオープンキャンパスや説明会に全部行きました。でも「こんな感じか」「こんなもんか」って思いました。また、高校の同級生がそれらの音楽学校を卒業したので聞いたら、「授業料も高いし、内容もお勧めできない」って言うので東京に行こうと思いました。
 
─ 東京でウッドを選んだわけは?
いろいろ回ったのですが、ウッドの説明会で体験レッスンを受けたら「ここだと自分のやりたいことをできる!」って感じたことが決め手です。
 
─ 実際にレッスンを受けての感想は?
自分のレベルに合わせて指導してくれて、いろいろ指摘してくれるので、とてもありがたいです。 個人レッスンの2人の先生は、理論を考えた演奏と、テクニックを重視するレッスンなのでとても勉強になります。授業終了後もウッドの練習室は無料で借りれるのでガッチリ弾いていますよ。
 
─ ウッドのイベントなどはどうですか?
色々な他の楽器の科とも交流できるし、とても楽しいですね。
最近はボーカル科の人たちと知り合って、楽しく和気あいあいとやっています。
 
─ 現在の音楽活動は?
故郷の岐阜でよくやってます。ありがたいことに費用なども出してもらっています。東京ではサポートやセッションをしています。
  ギター本科 生徒さんインタビュー
 
─ 目標のギタリストと将来の夢はなんですか?
目標のギタリストはめっちゃいますよ。全員が目標です(笑)。特にガスリーゴーヴァンとか、日本ならDAITAが好きです。
将来の夢は、入学した当時はスタジオミュージシャンとかアーティストのサポートとか考えていましたけど、今は講師とかにも興味があって、良いなぁと思ってます。一番は好きなボーカリストの横でギターを弾きたいですね(笑)氷室とか(笑)
 
─ 最後に、ウッドの有意義な過ごし方のコツとか教えてください。
やっぱり、生徒同士で仲が良いんですよ。本当に。だから楽しくて遊んじゃったりとかするんですけど、ギターの上達を第一に考えて毎日を過ごすことですね。他の学校に比べて学費が安いとはいえ、ちゃんと練習もして修得しなかったら高くなっちゃいますよね(笑)。
 
なるほど、確かにその通りですね(笑)。これからも頑張ってください。
 
ギター本科 生徒さんインタビュー
ギター本科 生徒さんインタビュー
 
「入学前は音楽大学でギターを専攻していたのですが…」
 
─ 近藤さんが ウッドに入学したきっかけは?
ウッドに入る前は音楽大学でギターを専攻していたのですが、このまま大学で習うだけでは伸びていないと感じたので、思い切って大学でお世話になった先生の在籍しているウッドに入学をし直しました。
  ギター本科 生徒さんインタビュー
 
ギター本科 生徒さんインタビュー  
─ 将来の目標はなんですか?
エディ・ヴァン・ヘイレンみたいなギターが弾きたいなと思ってギターを始めたんで、それが目標ですね。
 
─ ウッドでの授業はどうでしたか?
一つ一つきっちり教えてくれるので置いていかれることもなく、しっかり上達できます。ある程度難しいレベルになっても先生方がわかりやすく教えてくださるので、とても理解できます。音大と違い、ウッドの先生のレベルと教え方はすごいです。
 
─ ウッドの学校イメージは?
とても楽しいです。先生もスタッフさんもノリが良くて最高です。
 
─ これからギターを学ぶ後輩に一言
まずは"先生の言うことを聞け!"と。それが凄い大事です(笑)。変にこだわって自分の今までのスタイルを押し通すだけじゃなくて、先生の意見もどんどん取り入れて新しいスタイルを作っていく。レッスンで基礎を教えられても、基礎だからって軽く考えないで、教えられたことは全てマスターして、百回やって百回ともできないとダメなわけです。自分にシビアになって復習する。後は、ギターを楽しむ。それが大事ですね。最後は自分がかっこいいと思うギターを弾けばいいと思います。
  ギター本科 生徒さんインタビュー
ギター本科 生徒さんインタビュー
 
「音楽っていうものをしっかり勉強も出来ます」
 
─ 入学する前は何をされていましたか?
地元のライブハウスと楽器屋で働いていました。
 
─ ライブハウスでは主に何をなさっていましたか?
音響周り、PA。その他、チケットのもぎりなど全般的に行なっていました。
  ギター本科 生徒さんインタビュー
 
ギター本科 生徒さんインタビュー  
─ 楽器屋さんでは?
アコースティックギターが好きだったんで、ギターの修理担当をずっとやっていました。
 
─ ギターはいつからやってるんですか?
中学校3年生から始めて、高校入ってからはもうギターにのめりこんでしまいました(笑)
 
─ WOODに入学したきっかけは?
もともと自分のスタイルがあり、地元でギターを教えてもらっていたのですが、自分の中でしっくりきませんでした。そこで場所を変えたい、新しいことをしたい、という思いがあって東京にきました。
 
─ 説明会には来られましたか?
はい。音楽だけでなく生活のことも含めて、東京に来ることを迷っていたので、自分の気持ちを確かめるためにいろいろな学校の説明会に来ました。そして、ウッドならちゃんとやっていけると確信したので入学しました。
 
─ 実際に入学されて、レッスンの印象は?
ギターを弾くだけって思っていたのですが、ギターの授業はもちろん、音楽っていうものをしっかり勉強もできるので本当にウッドに来て良かったです。自分で声を出して音を取る授業とかもあって、今まで自分が見てなかった事が見えてきて、自分の足りないものも発見できました。
 
─ 何のレッスンが一番好きですか?
好きなのはコードワークというレッスンです。もともとコードのカッティングとかそういうのが好きだったので、そのコードを色々な形でとらえていくという授業がすごく楽しいですね。
  ギター本科 生徒さんインタビュー
 
─ WOODの雰囲気ってどうですか?
サボろうと思えばサボってしまえるところはあると思うんですが、自分がしっかりやれば、その分結果がちゃんとついてくるようにどの授業もなっています。自分で自分をどこまで持っていけるか、そういう事ができる場だなと思います。
 
─ 目指してるギタリストは?
昔からインストをしていたので、岸部 眞明(きしべ まさあき)さんというアコースティックインストの方が目標です。あとはドン・ロスっていうギタリストです。
 
─ これからウッドに入学してくる方にアドバイスをお願いします。
自分の中でこの授業は"いる、いらない"っていうのがあっても、先を見通して言えば全部の授業にちゃんと出ることです。絶対損することはありません。自分をしっかり持って授業についていけば、成果の出る学校だとわかります。
ギター本科 生徒さんインタビュー
 
「一人一人本当に大事に見てくれます」
 
─ 清水さんが ウッドを選んだ理由を教えてください。
ギターは高校終わりくらいから始めたのですが、なかなか自己流では上手くならなくてスクールを探しました。どこのスクールも結構、トゲがあるというかきつい感じでの対応でした。でもウッドはそうではなくて、一人一人本当に大事に見てくれるところがとても良かったです。
  ギター本科 生徒さんインタビュー
 
ギター本科 生徒さんインタビュー  
─ 実際にレッスンを受けてみていかがでしたか?
他の学校は決められた内容をどんどん進んでいくだけと聞きました。ですが、ウッドは毎回カリキュラムをやった上で、さらに一人一人に合わせて教えてくれました。着実にステップアップできて、本当に良かったです。卒業してから思うんですけど、理論のレッスンが活きていますね。バンドで作曲をしていますが、適当に弾いて作るのではなく、考えながら作れるようになったのが大きいです。
 
 
─ 卒業して現在のお仕事は?
ギター活動をやりながら、RolandでBOSSのエフェクターのデモンストレーターをやっています。
 
─ これから入学してくる方にアドバイスをお願いします。
まずレッスンを休むのは絶対に駄目です!次にちゃんと睡眠を取ること。僕はコンビニで深夜のバイトをしていましたが、そのせいで半分寝た状態で授業を受けていて内容が入ってこなかったときもありました。あとは、先生の話はちゃんと聞きましょう。教えてもらっているんだから、ちゃんとした態度で受けるべきです。音楽業界は礼儀が大切ですからね。
  ギター本科 生徒さんインタビュー
ギター本科 生徒さんインタビュー
 
「ウッドの授業は他の学校の2倍もあります」
 
─ 森さんが ウッドを選んだきっかけは何ですか?
一番の理由は年間授業数です。他の学校の説明会にも行ったんですけど、ウッドの授業は約2倍でした!夏休みの様な長期休暇があると人間は甘えちゃうので…。ウッドのようにいつもレッスンがあった方がストイックにできるので絶対良いと思いました。あと、他の学校はグループレッスンしか無いところがほとんどでしたが、ウッドではちゃんと個人レッスンも行っている点もポイントでした。
  ギター本科 生徒さんインタビュー
 
ギター本科 生徒さんインタビュー  
─ ウッドでの授業はどうでしたか?
レッスンがゼロからスタートしたことが良かったですね。自分の今まで抜けていた部分を確認でき、さらに見つめ直すこともできました。長所・短所を明確に教えていただいて、得意分野を伸ばしてもらったので凄く身に付きました。テクニックには自信がありましたが、音楽理論はあまり得意じゃなかったので…詳しく解説していただきました。あと、個人レッスンでは2人の先生に習えるのも大きいですね。主に『奏法・アドリブ』で純粋にテクニック的なものと『理論』にそったギターテクニックという様に分かれて教えていただきました。複数の先生につくことには非常に大きなメリットがありますね
 
─ 将来の夢はなんですか?
私は皆さんよりも年がいっていて、ウッドに入学する前は会社員でした。製薬会社で工場現場の設計・管理を7年間していたんですよ。だけどもずっと音楽をやりたい葛藤があったんです。でも結局プライベートの時間が無くて、どうしようか3年間悩んで決めました。自分の性格上やらないと諦めが付かないので(笑)。ウッドで習って、本気でやりたいものをようやく見付けられたという感じですね。今は自分のやっているバンドがありますので、ここで習ったことを活かしていきたいというのと、最終的には笑って歌える曲が作れたらいいなと思います。
 
  ギター本科 生徒さんインタビュー
─ ウッドに対するイメージは?
最初のイメージと違ってスタッフ・講師の方がみなさんアットホームな感じです。学校っていうと、めんどくさいなぁというのがあると思うんですけど、ウッドは無駄な授業がないし音楽環境も良いので毎日楽しく通えました。様々なイベントで他の科の方との交流もありますし、色々なプロの人たちと出逢えました。
 
─ 後輩に一言
精神論的なものになってしまうかもしれないんですけど、夢を語るのは非常に簡単なものですが、自分自身で逃げ道を作らないようにしましょう。そして全ての授業が役に立ってくるので、どの授業も必ず出てください。そうすれば自然と身に付きますから。もし学校選びで悩んでいたら一度はこちらの説明会に来てみてはどうでしょうか。
ギター本科 生徒さんインタビュー
 
「居心地が良過ぎて、学校という感じがしませんでした」
 
─ 奥田さんが ウッドを選んだきっかけは何ですか?
決め手は一年制で年間42週レッスンをするというとこですね。二年制のところは結構休みが多くてひまだというのを聞いてたので。あと、授業料が安い事と、自分が必要と思える内容のカリキュラムですね。理論的なことは入学する前からある程度勉強していたのですが、より詳しく教えてくれる学校をさがしていたんですよ。
  ギター本科 生徒さんインタビュー
 
ギター本科 生徒さんインタビュー  
─ 将来の目標はなんですか?
最初はギタリスト志望だったのですが、今はギター講師に興味が出て、そちら関係に進もうと思っています。
 
─ ウッドでの授業はどうでしたか?
先生と生徒の距離が近かったのでとてもやりやすかったです。あと、一年間で音楽の見え方がかなり変わりました。もともと僕はバンドマンだったんですけど、バンドという狭い世界しか見ていなかったんです。
でも、レッスンでもっと幅広くルーツミュージックなどを勉強していくにつれて、それまで見えなかった音楽の根底の部分とかが見えるようになりました。
 
─ ウッドに対するイメージは?
居心地が良過ぎて、学校という感じがしませんでした(笑)。 イベントなどで他の科の生徒さんとの交流があってとても楽しかったです。本当にあっという間の一年でした。
 
─ 後輩に一言
好き嫌いを言わずにまずは色んな人と付き合ってみてください。それによって違った見方ができたり、モチベーションが維持出来たり、望みも高くなります。レッスンはそれぞれの個性をもった先生から教えてもらえて本当に楽しいですよ。長い夏休みとかが無いですからダレずに日々一生懸命頑張ってください。
  ギター本科 生徒さんインタビュー
ウッド全日制コースにご入学する方は様々。でも、共通しているのは"音楽が好き!"ということ。まずは説明会にお越しください。
 
全日制コース説明会
音楽のプロを目指す方へ ここがチェックポイント!
全日制 ヴォーカル本科
全日制 ギター本科
全日制 ベース本科
全日制 作曲本科
全日制 ピアノ本科
全日制 シンガーソングライター本科
全日制コース説明会
アクセスマップ