365日音楽漬け、継続すれば道は開ける

全日制コース

高田 依美さん

─ 入学前は何をされていましたか?

大学の芸術コースで、日本画を描いていました。

─ ベースはいつから弾き始めましたか?

高校の音楽コースで、1年生のときにコントラバスを弾いていました。大学は音大ではなかったのですが、もう一度音楽をやろうと思ってエレキベースを始めました。そして卒業後も音楽の道を諦められなくて、ウッドへ入学しました。

─ 他の学校は見に行きましたか?

大阪に興味のある学校があって、ひとつ行ったんですが、ちょっと授業内容と雰囲気が自分に合わないなと思って。ウッドの説明会に来て、「あ、ここにしよう」とすぐに思いました。

─ 実際に入学して印象は変わりましたか?

本当に音楽ばっかり学ぶんだなと実感しました。…いい意味で変わってないですね。笑 来てよかったっていうか、「音楽してる!」と思いました。

─ 普段心がけていることはありますか?

今年から365日毎日、絶対に休まずベースを弾き続けるって決めました。土日とか、学校がないとベースを弾かなくなってしまう日があったので、それじゃだめだと思いました。

─ 女性ベーシストは少ないから、ライブによく呼ばれるのでは?

イベント前には声かけてもらえますね。学校のライブには何が何でも出るようにしています。

─ 尊敬するアーティストは?

ベーシストではRADWIMPSの武田祐介さんがものすごく好きで、尊敬しています。あとポール・マッカートニーとか。Beatlesが好きなので。

─ 将来の目標は?

やっぱりバンドで活動していきたいです。日本というよりは世界で活躍していくアーティストになりたいと思っています。

─ なにか一言コメントをお願いします。

できないと思っていることでも、信じて続けていくことが大事です。ありがたい事に、少しずつサポートベースの依頼や、舞台での生バンド演奏、その他案件をいただけるようになってます。続けていれば絶対道が開けるというか、努力が実ると思うので、諦めないでほしいなと思います。

インタビュー一覧に戻る
お電話でのお問い合わせ・お申込みはこちら
Tel.03-3341-8846【受付時間】(月)〜(金)10:00〜21:00 (土)10:00〜19:30 (日)11:00〜18:00

まずは無料体験レッスン!
 無料体験 ¥0